Enrekang Project

エンレカンプロジェクトについて

「Enrekang Project(エンレカン プロジェクト)」は透明性の高い情報を用いて「カカオ農園」を開発し、その素材を使いたい「作り手」に届け、カカオ農園とお菓子の開発を行うプロジェクトです。

これまで、東南アジアは品質の高い素材の調達先としてあまり注目を集めていませんでした。

Whosecacao(フーズカカオ)はインターネットをはじめとする新たなテクノロジーを活用して「作り手に求められる素材」の開発スピードを促進し、日本からもっとも近い素材市場である東南アジアから高品質の素材を生み出します。

 

エンレカンについて

Enrekang(エンレカン)県はインドネシア北東部のスラウェシ島の山間部、標高約1,000mの地域にあります。スラウェシ島最高峰「ランテマリオ山(3,478m)」の西方に位置し、かつてはコーヒー栽培で有名な地域でした。

しかし、より標高の高い地域であるToraja(トラジャ)で高品質なコーヒーが栽培されるようになり、またTorajaの観光地が進んだことで、Enrekangのコーヒー産業は衰退してしまいました。Enrekangでは新しい産業が求められています。俗にカカオは標高が低く常に温暖な地域で育てるべきだと言われます。しかし、標高1000m近いEnrekangでもカカオは栽培することが可能であり、朝晩の冷涼な気候もあり虫害も比較的少なく、生産量は少ないながらも安定的にカカオ豆を栽培し続けてきました。

プロジェクト第一弾ではEnrekangの中で熱意のある農家さんとWhosecacaoが協力して、Enrekangの新しい産業をつくるべく高品質のカカオ豆を開発し、作り手の皆様にお届けいたします。

Enrekangのカカオ豆を購入する